みんなの社内報

Enjoy Work, Enjoy Life!をモットーに、キャリアコンサルタントがお役立ち情報をお届けします。

MENU

テレワーク「満足」8割…で、見えてきた5つの問題

筑波大学「働く人への心理支援開発研究センター」調査結果(速報)

コロナ禍によるテレワーク導入の満足度、課題についての調査結果です。

  • 期間:2020/8/19-9/7
  • 対象:テレワーク導入企業17社(情報・通信、サービス業、メーカー等)
  • 内訳:4,343名(男性2,946 名、女性1,305 名、その他5 名、回答しない57 名20 代~60 代以上)

 

f:id:miyaBI:20201022111744j:plain

【目次】

 

テレワーク導入に8割が満足


内訳は、

非常に満足している(20.2%)

満足している(31.7%)

どちらかといえば満足している(27.7%)

 

個人の活動の自由さや仕事の効率化を評価
  • 通勤がなくなり、プライベートの時間が多く取れるようになった(76.7%)
  • 働き方の自由度が増えて、働きやすくなった(66.8%)
  • メール以外のコミュニケーションツール活用が進み、効率が良くなった(59.5%)
  • 職場全体が無駄な業務を省くようになった(50.1%)等の効率化

見えてきた5つの問題

 

1.相手の反応や感情が分かりにくい。
2.議題が絞られ、雑談などができず、話題が広がらないために、一体感が得られにくい。
3.これらの問題を防ぐために、会議や会話の前の準備が必要である。
4.新しい人間関係を築きにくい
5.組織全体が見えにくくなった。

 

中長期的にみると、創造性の抑制や企業の一体感の低下などの問題を生む可能性が考えられるとの指摘です。

通勤がなくて、創造性や一体感が高まる働き方募集中!イエーイ

調査結果詳細は、

www.human.tsukuba.ac.jp